--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_08
24
(Tue)22:04

ドリームサポーター計画!

9月5日に行われる、JCCA岩崎会長による、ドリームサポーター計画のご案内をさせていただきます。



ドリームサポーター計画
日時 9月5日 14:00~16:00
場所 札幌コンベンションセンター
内容 ドリームサポーター講習会
対象 どなたでも
金額  3,000円
定員 80名


・・・・・・・・・・・・・・・
教育に関わる全ての方へ知ってほしい・・・      
オリンピックメダリストを育てた指導者が語る
あなたの大切な、選手・子供・部下の
可能性を最大に引き出す話し方


-Dream support seminar -


さて、今あなたがスポーツの指導現場や、子供の教育、仕事で部下を持つ立場にいるのならば、下記のようなジレンマを感じたことがあると思います。



“選手(子供・部下)が言うことを聞かない”
“選手(子供・部下)の気持ちが理解できない”
“自分の思い(考え)が選手(子供・部下)に伝わらない”



人は皆同じではないと認識しながらも、真剣に思っているからこそ

「どうして言うことを聞かないのか?」

「どうして理解してくれないのか?」

と感情的になってしまうこともあるでしょう。



どのようにしたら、相手に自分の思いを伝えて成功に導くことができるのでしょうか?

今回のセミナーでは、25年以上に渡り数々のトップアスリートを育てた岩崎由純トレーナーが、これまでに培った選手を成功に導く方法を感動秘話と共に具体的にお話します。

『 現在指導している選手・チームを成功させたい 』
『 子供の能力を潰すことなく子供の夢や成長を応援したい 』
『 部下と意思疎通を図り、強い組織を作りたい 』

と、お考えの方や、現状を真剣に変えたいと思っている方には有意義な2時間となることをお約束します。

講師プロフィール
岩崎 由純(いわさき よしずみ)


25年に渡りスポーツ界の一線でトレーナーとして活動する。1992年バルセロナオリンピック銀メダル、1996年アトランタオリンピック銅メダルに輝いた女子マラソンの有森裕子選手や1991年世界陸上競技大会男子マラソンで日本人の初となる金メダルを獲得した谷口浩美選手。女子バレーボール日本代表の高橋みゆき選手や竹下佳江選手などトップアスリートの指導に携わる。フィジカル面はもちろん精神的なサポート、選手の教育にも定評があり圧倒的な支持を受けている。現在は、日本でのペップトーク第一人者として普及活動や社会貢献のための活動を幅広く行っている。



あなたが大切な人の可能性を潰していませんか?
「やめなさい!何をやってもダメだな!」など、好奇心や興味、意欲を人から奪ってしまうような一言を無意識で使っていませんか?また、「俺は何をやってもダメな奴なんだ。」「私って、○○が苦手だから・・・」と言って自分自身の可能性を閉ざしていませんか?人の言葉には大きな力があります。その人のその後の人生に大きな影響を与えかねません。しかし、誰にも人の可能性を奪う資格はないのです。無意識に使っている言葉を見直し、能力を引き出す言葉と潰す言葉を理解しましょう。



相手の能力を最大限に引き出す言葉。


それが・・・



個々の能力を引き出す魔法の言葉ペップトーク
オリンピックマラソン銀メダリストの有森裕子選手には、人生の中で1度だけ走ることを辞めようと思った時がありました。その時、岩崎トレーナーの“たった一言”に救われて、走り続ける道を選んだと言います。人は時に一生やその時の結果を変えてしまうほどの言葉に出会うことがあります。

ペップトークとは、もともとスポーツ界で生まれた言葉でスポーツ選手を励ますのに監督や指導者が協議前に使った「短い激励のメッセージ」が起源だと言われています。アメリカでは、アスリートを指揮する監督やコーチは、人種問題や言語の問題など日本では想像できない障壁が多くありました。また、監督やコーチよりも年俸・人気・実力のある選手たちをまとめて、チームを勝利に導くためには、日本のように「上から目線」で指示・指導するのではなく、選手ひとりひとりが持つ能力を遺憾なく発揮させるかが重要なポイントになっていました。そんな状況の中で監督やコーチが選手とのコミュニケーションを取っていくときに生まれたジレンマを解決したのが「ペップトーク」でした。以降、ペップトークはアメリカのスポーツ界において多くの指導者に取り入れられ実践されてきました。

日本ではまだまだなじみのないペップトークですが、ある一言で勇気が沸き思わぬ良い結果が出たことや、反対に気分が落ち込んで本来の力が発揮できなかったというのは誰にでも経験があると思います。



現在では、「語学」と「心理学」の分析が進みアメリカではセールスマンの営業研修やIT技術者のモチベーションアップ研修などにも取り入れられています。科学的にも証明されて来たペップトークですが、まだ日本で学べる機会はほとんどありません。



ペップトークはただの“一言”ではありません。相手のことを観察する力や傾聴力、それぞれに合わせた言葉の選択が必要になり、目標・目的を達成させるためのプロセスを共有し成功イメージを共通認識にする技術が必要となります。

このセミナーを通して自分自身を鼓舞させるため、選手や部下に本来の力を発揮してもらうため、子供の成長を促すためのペップトークを実感し目の前の道が大きく開けていくことを体感してください。



理想の状態・人間関係を手に入れて下さい・・・
ペップトークを身につけることは、相手の可能性を広げるだけでなく自分の目標・目的も明確になり望む方向へ進む力が身に付きます。人間力の高まったあなたは自信に溢れ、大切な人たちと目標を共有し生き生きと輝いていることでしょう。

私たちはドリームサポーターという言葉を使っていますが、この言葉には選手や自分の子供、友達、チーム、プロジェクトなどの夢の実現や目標の達成を心から応援するする人という意味があります。



私たち人間は、人に大きな影響を与える“言葉”を持って生れてきました。言葉は人を喜ばせることも傷つけることもできますが、同じ言葉であれば自分や大切な人たちを喜ばせ可能性を引き出すために使ってほしいと願っています。この夏で自分自身を変え、周りに良い影響を与えるドリームサポーターになりませんか?



興味のある方はご連絡ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★★あなたの姿勢綺麗になります★★ 
・美姿勢コンディショニング  「studio&school NAGISA」  
・「北海道コアコンディショニング研究会」    代表 東堂 渚
studio.nagi@gmail.com 札幌市南区川沿1条3丁目1-1-106
℡&fax 011-303-0000  HP http://www.studio-nagisa.net/

ピラティス、コアコンディショニング、キッズコアコンディショニング、ベビーマッサージ+ママの骨盤コンディショニング
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。